AGAの無料カウンセリング実施中!

「通院するのが難しい」
「人と顔を合わせたくない」
そんなあなたにオススメです!
スマホを使ったオンライン診察がうけられます。

詳細はこちら

薄毛の原因はアルコール!?お酒好きが注意すべき3つのこと


男性の悩みの代表格である薄毛を引き起こすのはさまざまな要因があります。

原因として、男性ホルモンの作用、老化、遺伝や生活習慣、ストレスなどがあげられますが、最近ではアルコールの摂取も薄毛に大きな影響を与えることがわかってきました。

それでも、お酒が好きな人にとっては、一日の楽しみの一つであり、薄毛予防のためとはいえなかなかやめられるものではありません。

間接的な原因

適量摂取であれば、血流を良くする、楽しく飲む事自体がストレス解消になる、など良い面もあるアルコールですが、それが守れないと問題です。

お酒は体内に入ると肝臓で分解することになります。分解する中でアルコールはアセトアルデヒドという物質に変わります。

このアセトアルデヒドには毒性があり、肝臓はこれを解毒してから体内に出していきます。

適量のアルコールであれば、肝臓の中で十分に分解されるのですが、それを越えたアルコール量となると、まだ分解できていない毒性があるままの状態のアセトアルデヒドが身体の中に出て行ってしまいます。

また、解毒はかなりのエネルギーを消耗する作業なので、亜鉛やたんぱく質などたくさんの栄養を必要とします。

すると、本来であれば毛根がもらえるはずの栄養分まで奪われて行ってしまうのです。

これは間接的ではありますが、薄毛を引き起こす原因の一つといえます。

直接的な原因

そしてこのアセトアルデヒドが体内にでると、薄毛を引き起こすデヒドロテストステロンという男性ホルモンを増やしてしまうのです。

薄毛を促すホルモンが体内に増えてしまうのですから、どこにどう影響が出るかは明白です。

このような流れを毎日のように繰り返していると、結果的に体内にジヒドロテストステロンがある状態が続くわけですから、当然薄毛の大きな直接的な原因になります。

間接的にも直接的にもアルコールは薄毛の原因になることが分かります。

楽しいはずの飲酒が辛い悩みを引き起こす原因になるのは絶対に避けたい事です。

適量を守って、過度なアルコール摂取を避けることは髪にも身体にも良いので、心がけていきたいものです。

コメント