AGAの無料カウンセリング実施中!

「通院するのが難しい」
「人と顔を合わせたくない」
そんなあなたにオススメです!
スマホを使ったオンライン診察がうけられます。

詳細はこちら

AGAの治療期間はどれくらい?通い続ければ完治するのか!


薄毛対策にも様々な方法がありますが、医療機関で行われているAGA治療は、特に高い効果を得られるとされています。
 
自宅でマッサージや育毛剤を使ったケアを行うのもある程度の改善は期待できますが、AGAを克服するのはそれだけでは厳しいものもあります。
 
本気で悩みを解消するのであれば、やはり医療機関での本格的な治療も検討してみましょう。

そして、いざ治療を行うとなると治療期間はどれぐらいなのか、完全に治るのかは気になるところです。

治療期間は治療内容によって違ってくる

まず、選ぶ治療方法によって治療期間は変わってきます。
 
特によく選ばれているAGA治療では、医薬品の内服、外用があげられます。これらは特に手軽に利用できるAGA治療で、毎日薬を飲む、頭皮に直接塗るものです。

 

短時間でおこなえ、さらに医療機関に脚を運ぶ回数も少なく抑えることができます。

 

治療の効果については個人差があり、3ヶ月程度で発毛を実感できる人もあれば、より長く半年程度が必要となる人もいます。人によっては1年過ぎても良い改善が得られないこともあります。

 

すぐに効果が出る治療ではないので、最低でも数ヶ月間は続けていく必要があります。

 

若い世代で初期の脱毛の場合は、比較的早く効果を出すことができることが多いです。

 

なお、薬で効果が出たと喜んで、薬をすぐにやめてしまうと、また髪は薄毛の状態に戻ってしまいます。効果を維持するためには長期的に治療を続けていくこととなります。

症状が進行している場合は次の治療を

薄毛症状がかなり進行している場合は、薬だけでは改善が難しい場合もあります。その時は「HARG療法」や「育毛メソセラピー」など、薬以外の治療も考えた方がよいです。

 

それらを選んだ場合の治療期間は、個人差はあるものの、約半年程度が目安となります。
さらに最近は自毛植毛を得意としているクリニックも増えています。こちらは初期費用は高くなるものの、定着後はずっと髪が伸び続けてくれるので、基本的にメンテナンスフリーとなります。

 

治療を行う前にはどれぐらいの期間続けていく必要があるのか、カウンセリングの時によく確認しておきましょう。

コメント