AGAの無料カウンセリング実施中!

「通院するのが難しい」
「人と顔を合わせたくない」
そんなあなたにオススメです!
スマホを使ったオンライン診察がうけられます。

詳細はこちら

薄毛対策に食事改善!納豆が効果的とのことで習慣化してみた

薄毛は男性ホルモンの分泌など遺伝によるものが多いと言われています。私の親族には薄毛の人はいなかったので、あまり心配していませんでした。

しかも体毛に関しても”すね毛”が生えているぐらいで、全体的には濃くないし、男性ホルモンの分泌に関しても少ない方だと思っていたので心配していませんでした。

しかし、おでこが若い頃から広いのだけは唯一気にしていました。

同僚からツッコまれた何気ない一言で決心

社会人になってから工場で働くようになりました。工場の作業は常に帽子をかぶった状態で、汗を大量に掻いています。

そのため35歳を過ぎた辺りから、頭皮の状態が悪くなっているのではないかと、少しずつ不安に感じていました。

そんなある日、休憩中に帽子をとって休憩していると、同僚から「おでこの両端が少し上がってきたね」と指摘されました。

何気ない一言でしたが、その一言がすごく気になり、自宅に帰った後に、洗面所の鏡で何度もおでこの両端の生え際部分を確認しました。

すると、確かに指摘された通り、おでこの両端が後退してきているように見えました。髪の量はあるのですが、生え際は後退しているように感じました。

そしてその時初めて、薄毛対策をしていこうと決心しました。

自分でできる食生活の改善から、納豆生活を続けた結果

髪の毛や頭皮を毎日しっかり洗うという事はもちろんのこと、私が重要だと考えたのは「食事で脂質の多い食べ物を控える」ということです。

それから食事は野菜中心のメニューに変更しました。最大のポイントは、毎日納豆を食べるようにした事です。

納豆は髪の毛の要素となるタンパク質が多く含まれているので、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

また薄毛の原因となっている男性ホルモンを抑制するイソフラボンも多く含まれています。

現在、納豆生活をした結果として、薄毛の改善を実感出来たというわけではありません。

しかし、体調面やお通じはかなり良くなったのは実感できています。調子は良いのでもう少し続けてみるつもりです。

コメント