AGAの無料カウンセリング実施中!

「通院するのが難しい」
「人と顔を合わせたくない」
そんなあなたにオススメです!
スマホを使ったオンライン診察がうけられます。

詳細はこちら

プロペシア0.2gmと1mgの違いは何?価格や副作用を解説


プロペシアとは、米国で開発された男性型脱毛症用薬です。男性型脱毛症の主な原因は、ジヒドロテストステロンの過多です。これが、男性ホルモンと結合すると、毛周期の成長期にある毛髪に対して、退行期及び休止期に移行する信号が出されてしまい脱毛が増えてしまうのです。

そこでプロペシアは、ジヒドロテストステロンを生育するのに必要な還元酵素を阻害することにより、育成を抑制させる働きを持っているのです。

これにより、成長期が長くなり、細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長し抜け毛を減らす効果があるのです。

プロペシアの入手先や飲み方について

プロペシアは、皮膚科や内科で処方してくれます。即効性のある薬ではないので、長い期間継続して飲むことで効果が実感できるものです。途中で服用をやめてしまうと、すぐに脱毛が復活してしまいます。

服用する時間ですが、髪や皮膚の再生する時間帯を考えると、夜眠る前が好ましいと考えられます。また、お茶やジュースなどでは、含まれるカテキンなどの成分のより効果が半減してしまうことがあるので、必ず水や白湯で飲むことが大切です。

プロペシアの副作用とは?

プロペシアの副作用としては、性欲の減退、勃起機能不全、眩暈、肝機能障害などがあげられます。しかし、副作用が出る方はほんの少数ということがわかっています。また、副作用の強さも大きいものではないので、副作用によりやめたりする方はあまりいないのが現状です。

0.2mgと1mgの違いは?

プロペシアには0.2mgと1mgがありますが、1mgの方が少し効果が高いので、薄毛で悩んでいる方は大体の方はそちらを選びます。副作用の違いに関しては、0.2mgと1mgの差はほとんどみられません。そのため、プロペシアを扱う病院では、1mgしか取り扱っていない病院もあります。

値段に関しても、どちらも価格の差はありません。長く飲み続ける薬なので、自分の体に対する副作用の影響をしっかり観察、考慮したうえで、0.2mgと1mgどちらを選ぶべきか決めることが大切です。

コメント